相続検定とは

資格取得の8つのメリット

  • 遺産分割の基本ルールを理解し円満な相続に必要な考え方が身につく。
  • 納税資金や遺族の生活資金を確保するための提案力が身につく。
  • 相続税の計算方法を説明でき、事例に基づいて相続税額を概算できる。
  • 相続財産の評価方法を理解し、税制上の特典について説明できる。
  • 贈与などを活用した生前対策についてアドバイスできる。
  • 相続準備における生命保険の活用法を具体的に説明できる。
  • 事業承継における一般的な課題と制度が理解できる。
  • 税理士や弁護士など専門家とのコミュニケーションがスムーズになる。

TOP

資格取得対象者はこんな方々です。

  • 金融/不動産業界にお勤めの方で、相続に関わる法律や制度の理解を深め、お客さまの円滑な資産承継をサポートしたい方
  • 相続に関するさまざまな課題に対する適切な解決策を理解し、アドバイスできる知識を身につけたい方
  • FP、税理士などの資格を取得された方で、相続に関する知識・スキルをさらに高めたい方
  • 自分や家族の相続について、円満な相続を実現するために早めに準備を始めたい方

TOP

検定試験概要

試験概要(相続検定2級)

受験資格

特になし

試験日

2019年10月20日(日)

試験時間

10:00~12:00(120分)

受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

申込期間

2019年8月19日(月)~9月24日(火)

合格水準

60点以上

合格発表

試験終了後、1ヶ月以内に郵送

受験料

4,320円(税込)

出題形式

四肢択一式問題50問(マークシート方式)

試験の出題分野

相続の基礎知識

  • 相続の開始と相続開始後のスケジュール
  • 法定相続人の範囲と順位
  • 相続分
  • 相続の承認・放棄
  • 遺産分割
  • 遺言の方式・効力
  • 遺留分

相続税の基礎知識

  • 相続税の納税義務者
  • 相続税の課税対象財産
  • 相続税の総額
  • 基礎控除
  • 各相続人等の相続税額
  • 贈与税の計算
  • 贈与税の非課税制度
  • 相続時精算課税制度
  • 申告と納付
  • 非上場株式等についての納税猶予及び免除の特例
  • 相続財産の評価
  • 取引相場のない株式の評価

相続対策とその他関連知識

  • 相続手続
  • 成年後見制度
  • 信託
  • 遺産分割設計
  • 相続税対策
  • 納税資金対策
  • 事業承継設計
  • コンプライアンス

TOP

検定試験申込方法

webによる申込

STEP 1

申込みフォームに入力

試験申込専用フォームよりお申込みください。

Web申込みフォーム

【申込受付期間】
2019年8月19日(月)~2019年9月24日(火)

STEP 2

申込受付番号取得

入力完了後に表示される申込受付番号をお控え下さい。

STEP 3

受験料のお支払い

受験者氏名、申込受付番号の順に明記のうえ、受験料を下記指定口座にお振込み下さい。
(受付番号入力例:ヤマダタロウ041501)
なお、振込手数料は各自ご負担願います。

【振込先口座】
みずほ銀行 神田支店(店番108)
普通預金:1446993
口座名義: 一般社団法人日本金融人材育成協会

【受験料】
4,320円

STEP 4

受験票到着

受験申込書の受付後、受験票を受験申込書に記載の住所宛に送付致します。
受験票を受け取り次第、受験番号・氏名・試験会場をよくお確かめいただき、受験申込書に記載していたものと相違していた場合は、2019年10月17日(木)までに、当協会までご連絡下さい。
また、2019年10月10日(木)までに受験票がお手許に届いていない場合は、2019年10月17日(木)までに当協会までご連絡下さい。

郵送による申込

STEP 1

受験申込書の記入

以下より受験申込書をダウンロードし、印刷してください。
受験申込書に必要事項を記入してください。

受験申込書PDF

STEP 2

受験料のお支払い

受験料を下記指定口座にお振込下さい。なお、振込手数料は各自ご負担願います。

【振込先口座】
みずほ銀行 神田支店(店番108)
普通預金:1446993
口座名義: 一般社団法人日本金融人材育成協会

【受験料】
4,320円

STEP 3

受験申込書の送付

払込受付証明書(ATMでの振込書等)の写しを受験申込書の裏面に貼付し、必ず「簡易書留郵便」にてご送付下さい。

【申込受付期間】
2019年8月19日(月)〜2019年9月24日(火)
[締切日必着]

【送付先】
〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18 
一般社団法人 日本金融人材育成協会 試験係宛

STEP 4

受験票到着

受験申込書の受付後、受験票を受験申込書に記載の住所宛に送付致します。
受験票を受け取り次第、受験番号・氏名・試験会場をよくお確かめいただき、受験申込書に記載していたものと相違していた場合は、2019年10月17日(木)までに、当協会までご連絡下さい。
また、2019年10月10日(木)までに受験票がお手許に届いていない場合は、2019年10月17日(木)までに当協会までご連絡下さい。

よくあるご質問お答えします

試験内容のこと

受験するための条件はありますか?
年齢・性別・学歴・国籍などによる制限は一切ありませんので、どなたでも受験可能です。
金融機関の方限定の検定試験ですか?
いいえ、受験者の限定はありません。相続における遺産分割や税金の仕組みを学び、円満な相続を支援したい方、自身や家族やの相続対策に役立てたい方はぜひ取得してください。
どんな人が取得するのがおすすめですか?
相続について相談を受ける機会の多い金融機関や不動産会社にお勤めの方のほか、税理士・FPなどの学習経験者の知識のブラッシュアップのため、自身や家族の相続対策に役立てたい方におすすめです。
試験は年に何回実施されますか?
相続検定2級は年2回、毎年3月と10月に実施されます。
受験地はどこですか?
現在、受験地は6カ所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)ですが、受験者の増加に伴い受験地を増やす予定です。
具体的な受験会場の場所はどこですか?
受験地の「資格の学校TAC」の校舎となります。試験要綱または申込後に届く受験票でご確認ください。
試験時間はどれくらいですか?
120分です。ただし、試験説明・問題配布・答案回収などで20分程度を要します。
出題形式・出題問数はどうなっていますか?
四肢択一式問題50問で出題されます。
試験中に計算機は使用できますか?
演算機能のみを有する電卓1台に限り、使用可能です。
受験申込方法はどのようになっていますか?
インターネットからのWeb申込又は郵送でお申込みください。詳しくは受験申込みの流れをご覧下さい。
相続検定1級試験はいつから実施されるのですか?
相続検定1級の実施時期は未定です。

学習方法のこと

試験合格のために、どのように学習したらよいでしょうか?
当協会の認定教育機関である資格の学校TACが実施している、通信講座または通学講座の受講を推奨します。
FPの学習経験があるのですが、この試験に活かせますか?
FP2級程度の知識を前提とした出題レベルとなっていますので、FPの相続・事業承継分野で学習した内容が役に立ちます。相続検定2級では、相続対策の事例など、より実践的なスキルを習得できます。

受験後のこと

合格発表はいつ頃どのように行われますか?
検定試験実施後、1ヶ月以内に結果通知を郵送します。
試験での自分の得点は教えてもらえるのでしょうか?
結果通知の際に、得点を開示致します。

TOP

03-5276-2231 info@kigyou-keiei.jp