年金検定とは

資格取得の6つのメリット

  • 幅広く深い知識に基づいた説得力のある年金相談スキルが身につく。
  • 年金受給に必要な裁定請求手続きのサポートを積極的に行える。
  • 年金受給の見込客を発掘して公的年金振込口座の獲得数がアップ。
  • 企業年金に関する適切な助言が行え取引先との信頼関係が高まる。
  • 年金受給開始後の収入が計算でき老後の生活に安心感を持てる。
  • 他資格とのダブルライセンスにより就・転職活動が一層有利に。

TOP

資格取得対象者はこんな方々です。

  • 金融機関にお勤めの方で、年金相談や公的年金振込口座の新規獲得に向けて必要な知識を身につけたい方
  • 公的年金に加え、公的医療保障の制度的知識も習得し、国の基本的な社会保障制度の内容を理解したい方
  • 社労士・FPなどの学習経験がある方で、年金や医療保障に関して更に実践的な知識を身につけたい方
  • 老齢年金に加えて、業務上外を問わず障害年金や遺族年金を含めて年金制度全体の仕組みを包括的に学びたい方
  • 個人が将来受け取る年金額を計算し、老後の生活設計に役立てたい方

TOP

検定試験概要

試験概要(年金検定2級)

受験資格

特になし

試験日

2019年10月20日(日)

試験時間

13:30~15:30(120分)

受験地

札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

申込期間

2019年8月19日(月)~9月24日(火)

合格水準

60点以上

合格発表

試験終了後、1ヶ月以内に郵送

受験料

4,320円(税込)

出題形式

四肢択一式問題50問(マークシート方式)

試験の出題分野

出題分野

  • 年金制度の仕組み(被保険者、標準報酬、保険料、被用者年金制度の一元化等)
  • 年金給付の支給要件・年金額の計算(老齢年金の繰上げ・繰下げ、在職老齢年金の計算等を含む)・裁定請求手続き等
  • 離婚時の年金分割
  • 確定拠出年金
  • 確定給付企業年金
  • 国民年金基金
  • 医療保険(健康保険、後期高齢者医療制度)
  • 介護保険(給付の仕組等)
  • 年金に係る税金、その他

TOP

検定試験申込方法

webによる申込

STEP 1

申込みフォームに入力

試験申込専用フォームよりお申込みください。

Web申込みフォーム

【申込受付期間】
2019年8月19日(月)~2019年9月24日(火)

STEP 2

申込受付番号取得

入力完了後に表示される申込受付番号をお控え下さい。

STEP 3

受験料のお支払い

受験者氏名、申込受付番号の順に明記のうえ、受験料を下記指定口座にお振込み下さい。
(受付番号入力例:ヤマダタロウ041501)
なお、振込手数料は各自ご負担願います。

【振込先口座】
みずほ銀行 神田支店(店番108)
普通預金:1446993
口座名義: 一般社団法人日本金融人材育成協会

【受験料】
4,320円

STEP 4

受験票到着

受験申込書の受付後、受験票を受験申込書に記載の住所宛に送付致します。
受験票を受け取り次第、受験番号・氏名・試験会場をよくお確かめいただき、受験申込書に記載していたものと相違していた場合は、2019年10月17日(木)までに、当協会までご連絡下さい。
また、2019年10月10日(木)までに受験票がお手許に届いていない場合は、2019年10月17日(木)までに当協会までご連絡下さい。

郵送による申込

STEP 1

受験申込書の記入

以下より受験申込書をダウンロードし、印刷してください。
受験申込書に必要事項を記入してください。

受験申込書PDF

STEP 2

受験料のお支払い

受験料を下記指定口座にお振込下さい。なお、振込手数料は各自ご負担願います。

【振込先口座】
みずほ銀行 神田支店(店番108)
普通預金:1446993
口座名義: 一般社団法人日本金融人材育成協会

【受験料】
4,320円

STEP 3

受験申込書の送付

払込受付証明書(ATMでの振込書等)の写しを受験申込書の裏面に貼付し、必ず「簡易書留郵便」にてご送付下さい。

【申込受付期間】
2019年8月19日(月)〜2019年9月24日(火)
[締切日必着]

【送付先】
〒101-8383 東京都千代田区神田三崎町3-2-18 
一般社団法人 日本金融人材育成協会 試験係宛

STEP 4

受験票到着

受験申込書の受付後、受験票を受験申込書に記載の住所宛に送付致します。
受験票を受け取り次第、受験番号・氏名・試験会場をよくお確かめいただき、受験申込書に記載していたものと相違していた場合は、2019年10月17日(木)までに、当協会までご連絡下さい。
また、2019年10月10日(木)までに受験票がお手許に届いていない場合は、2019年10月17日(木)までに当協会までご連絡下さい。

よくあるご質問お答えします

試験内容のこと

受験するための条件はありますか?
年齢・性別・学歴・国籍などによる制限は一切ありませんので、どなたでも受験可能です。
金融機関の方限定の検定試験ですか?
いいえ、受験者の限定はありません。年金の仕組みや公的医療保障の基礎を学び、現在のお仕事や生活に役立てたい方はぜひ取得してください。
どんな人が取得するのがおすすめですか?
年金相談を受ける機会の多い金融機関の方のほか、社労士・FPなどの学習経験者が知識のブラッシュアップのために、また将来の年金額を計算してライフプランに役立てたい方にもおすすめです。
試験は年に何回実施されますか?
年金検定2級は年2回、毎年3月と10月に実施されます。
受験地はどこですか?
現在、受験地は6カ所(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)ですが、受験者の増加に伴い受験地を増やす予定です。
具体的な受験会場の場所はどこですか?
受験地の「資格の学校TAC」の校舎となります。試験要綱または申込後に届く受験票でご確認ください。
試験時間はどれくらいですか?
120分です。ただし、試験説明・問題配布・答案回収などで20分程度を要します。
出題形式・出題問数はどうなっていますか?
四肢択一式問題50問で出題されます。
試験中に計算機は使用できますか?
演算機能のみを有する電卓1台に限り、使用可能です。
受験申込方法はどのようになっていますか?
インターネットからのWeb申込又は郵送でお申込みください。詳しくは受験申込みの流れをご覧下さい。
年金検定1級試験はいつから実施されるのですか?
「年金検定1級」は、2021年3月から実施される予定です。

学習方法のこと

試験合格のために、どのように学習したらよいでしょうか?
当協会の認定教育機関である資格の学校TACが実施している、通信講座または通学講座の受講を推奨します。
社会保険労務士試験の学習経験があるのですが、この試験に活かせますか?
社労士試験の国民年金法や厚生年金保険法、また健康保険法などとも出題分野が重なりますので、学習しやすいです。その知識を土台にして、本検定試験では事例に沿った年金額の計算方法など、より実践的なスキルを習得できます。

受験後のこと

合格発表はいつ頃どのように行われますか?
検定試験実施後、1ヶ月以内に結果通知を郵送します。
試験での自分の得点は教えてもらえるのでしょうか?
結果通知の際に、得点を開示致します。

TOP

03-5276-2231 info@kigyou-keiei.jp